自律神経失調症の治療法

注目

自律神経失調症は、症状も人それぞれなので、治療法も人それぞれです。

大まかには、『薬物療法』、『理学療法』、『心理療法』の3つからになります。

症状的に、イライラ、めまい、不眠などがある場合は、こういった症状をまず取り除いて、

体を快適にするために、薬物療法を行います。

薬物と聞くと、ちょっと構えてしまいがちですが、ホルモン剤やビタミン剤、睡眠誘導といった、市販でも売られている ような薬を処方される場合もありますし、抗うつ剤などの精神的な部分を治療する薬もあります。

次に、理学療法ですが、肩こりや、頭痛などといった痛みに関しては、マッサージや指圧などの理学療法で 痛みを緩和し、それから、心理的療法をとる場合もあるみたいです。

そして、心理療法。

自律神経失調症は、精神的なものが原因で、ストレスや人間関係などが多くの原因と言われています。

心理療法にはいろいろ種類がありますが、お医者さんに話をして、アドバイスをしてもらったり、

自分が自分の置かれている状況を理解することを目的としたり、お医者さんと一緒にいろいろ訓練することで、

心と体のバランスをきちんとした状態に戻したりします。

どちらにしても、自律神経失調症は治すことの出来る病気ですから、もし、長年悩んでいるなら、

早めに病院へ行ってみてください。

自律神経失調症でも保険に入れます。医療保険を検討するなら保険相談してみると良いでしょう。保険相談無料 比較ランキング

自分で学ぶ幼児教育

子どもの学力上昇。
親にとって気になってしまう部分ですよね。

最近はいろんな問題があり、
性格重視になりつつあるけれど、現実問題、学力は欠かせません。

心の暖か人間になって欲しい。
そうは思っても、結局は誰も認めてくれない。

結果を出せる人間しか、社会と言うものは、見放していくでしょう。

汚い気もするけれど、それが当たり前の社会になってきているし、自分もどうにかしないとね。

そんな自分を作っていくのは、やっぱり幼少期が大事??

幼児教育にもっと力を入れるべきなのだろうか??

子どもの脳みその成長って著しいですよね。
特に、小さな子どもにとっては何でもかんでも学びとってしまいます。

幼児教育と関わることによって、まぁ、それなりに成長はするでしょう。

ただ、教材を与えるのがいいのか?
習い事をすればいのか??
いろんな考えがあがってきます。

しかし、それがもっともベストな幼児教育になるのだろうか??

自分で学んでいく幼児教育。
幼児教育って言えないのかもしれませんが、結局は自由に伸び伸び活発に動き回る、子どもらしい子どもが、いろんな能力を発揮するのかもしれませんよ。

子どもの能力。
一人ひとり違います。
どこを伸ばしてあげるかわからないうちはとりあえず幼児教室に通うのも良いかもしれません
幼児教室 人気ランキングが参考になりそうですよ。

自動車免許証の紛失

自動車免許証は身分証明書代わりになります。

何かあったときには保険証やパスポートと同じように自分を証明できる身近なもの。
結構便利なんですよね~。

どこに行っても大体いつも持っているからすぐに提示できる。
パスポートって普段あまり持ち歩いてる人はいないですよね。

そんな自動車免許。
車に乗れるって便利。
車を動かせるって素敵。

どこでもサクサク行けるかしら??

運転をする事。
実は苦手な人も多い。
どっちかというと女性の方が苦手傾向。
それは男女間の感覚の問題もありそうですね。

前に進むのは簡単だけれど、
バックや駐車となれば話は別??

まぁ、8割り以上が前に進むので、バックや駐車はそこまで苦痛にならなくていいでしょう。
私も高速道路や夜間の運転は苦手ですね。高速道路なんかは時折、分岐で間違えたり降りそびれて1区間乗り越して戻るハメになることも・・・
車の任意保険にも忘れず加入しておきましょうね。
一番安い自動車保険

でも交通に不便な所は車に乗れるとありがたい。
大きな荷物なんかを買いに行く時とかも便利。小さな子供連れのお母さんも車で動けばとっても便利。
車で動けば、自転車の前後に子供を乗せなくてもいいですもんね。

そう思うと自動車免許所持はメリット豊富かもね。
車の免許の有難さ。
取るのは大変だけど、持っているに限るのかもねなんておすすめですよ。

そんな運転免許の紛失事件。
結構な大事件ですよね。

財布を落とした??運転免許書だけでなくクレジットカードやキャッシュカードも入ってたり、で焦りますよね。
事情はどうあれ手元に無いのは確か。
カードを止めたり自動車免許の再発行の手続きも必要になります。

自動車免許の管理。
責任を持ってしましょうね。

子供の自律神経失調症

自律神経失調症という病気。 名前の通り自律神経のバランスが崩れると起こる病気なのですが、ストレスや人間関係の多い大人の病気だと 思っていませんか?

子供、しかも乳幼児でもかかる病気なんです。

乳幼児の場合は、よくミルクを吐く、熱を出す、よく泣く、下痢をするといった症状が多いみたいです。

ただ、子供の場合は、ストレスなどで発症するのではなく、元々自律神経を調節する能力が低いということです。

生まれつきなので、体質としかいいようがありません。

しかしながら、まだまだこれから成長していくので、成長とともに、自律神経の調節機能も正常値になる可能性が 十分にあります。

もし、お子さんが原因不明の夜泣きや体調不良に悩まされているなら、自律神経失調症を疑って、一度病院を受診するのもいいかもしれません。

また、将来的に自律神経失調症を防ぐためにも、小さい頃から規則正しい生活を心がけて、

好き嫌いなく、栄養バランスをきちんととることを心がけましょう。
自律神経失調症関連のサイト

自律神経失調症と風邪の症状

ストレスが大きな原因であると言われている自律神経失調症ですが実は風邪とも大きなかかわりがる事をご存知でしょうか?!
風邪は菌やウィルスによって発症するもの…まったく逆の病気のように思われがちですが。

ずっと鼻風邪の症状が続いている、熱っぽいのがなかなか引かない…
そんな時は自律神経失調症を疑ってみるのもいいかもしれません。

自律神経失調症と風邪は相互関係を持っていることもあり風邪から自律神経のバランスが不安定になってしまうこともありますし自律神経のバランスが不安定になった結果、免疫力が落ち風邪をひきやすかったり治らなかったりすることがあります。

鼻風邪などはあまり気にしたりせず、大したことがないと放置してしまう人も多いですがもし自律神経失調症の症状の一つである場合は、その他の症状も現れる可能性もあります。
また風邪は体力を消耗させますので、免疫力を低下させ他の病気も招いてしまうことがります。

もし症状が長引いていたりなかなか治らない場合は悪化する前に、医師に相談してみたほうがいいでしょう。
ところで自律神経失調症の患者には共通点があるのをご存知でしょうか。
自律神経失調症の患者の共通点

自律神経失調症と冷え性

「冷え症」も自律神経失調症のひとつだと言われています。
冷え症という言葉が蔓延しすぎていて、もう体質の一つとして捉えられているところがありますが実際には自分で熱を生み出せない状況のこと。
カラダにとっては大きな問題です。

熱を生み出すためには血管の収縮や拡張など、血液の流れが関係してくるわけですがその血液循環に関する機能は自律神経がコントロールしています。
そのため、冷え症の改善は自律神経のバランスも整える作用があると言えます。

対策

    1. まずカラダをあたためましょう。

肌の露出を控える 一枚多めに服を着る キチンと湯船につかる クーラーが効いている部屋に長居しないなど簡単なことでかまいません。
女性の中には常に薄着であったり、露出の多い服を着ている人がいますが冷え症の大きな原因になるため要注意です。

    1. カラダを動かしましょう。

ウォーキング、マッサージ、ヨガ、軽いストレッチなど、有酸素運動を生活に取り入れ
血液循環を活発にすることは冷えの改善、予防に効果的です。

    1. 腸を温める食べ物を多く摂取しましょう。

代表的なものに生姜などがありますが、その他にも根菜やトウガラシ、ニンニクなど
熱を生み出す作用のある食べ物を多く食べるように心がけてみましょう。
また冷たい飲み物や夏野菜はカラダを冷やすと言われています。
過剰に摂取することを控えましょう。

冷え症はひどくなると、食欲不振や不眠、肌荒れ、消化系機能の低下など
自律神経失調症によるその他の不調も呼び起こしてしまうため、軽視することはできません。
自律神経失調症を予防するためにも、冷えの対策はキチンととりましょう。
自律神経失調症が起こりやすい時期

自律神経失調症と女性ホルモン

自律神経失調症は男性よりも女性の方が発症率が高いと言われています。
それは女性ホルモンは一生を通じて変化し続けるためと言われていますがそれはやはり女性がこどもを妊娠~出産することに大きく関係しています。

女性は月に一度(個人差もありますが)月経が訪れます。
もうそれは当たり前のことのように言われていて、その時だけ大変!という印象をお持ちの方も多いと思われますが実際は月経を迎えるまでに卵子を作ったり、排卵して受精~着床しやすい状態にカラダを変化させたり…と常にホルモンバランスが変化していることになります。

ですので、月経時のみでなくてもそのバランス如何によっては精神的に落ち着かなかったり(イライラ、ネガティブになるなど)、カラダが疲れやすかったりと個人差もありますが、体調が不安定になることがあります。

また、妊娠すると妊娠期~出産~産後でカラダが大きく変化し、それに伴いホルモンバランスも急激に変化します。
そして閉経時にも同じようなことが起こります。
妊娠~出産以外は外から見える変化があまりないため、理解されづらいことが多いですが実際は体内でめまぐるしい変化が起こっています。

それは自律神経にも大きく関係してきます。
自律神経をコントロールする大脳の視床下部というところは、ホルモンを分泌している脳下垂体のすぐ近くにあり視床下部はこの脳下垂体もコントロールしています。
この視床下部と脳下垂体はお互いに作用しあうこともあるためホルモンの変化が自律神経の働きにも影響を及ぼすのです。

ホルモンのバランスが不安定になるとそれにつられて自律神経も不安定になってしまうのです。
このように自律神経失調症は女性のカラダと大きく関係している病気なのです。
平均寿命の長さなどから推察されるように、女性の体は男性よりも強く作られていると言われていますが実際はデリケートな部分も多いため、しっかりしたケアが必要になってきます。
自律神経失調症の自律神経とは

自律神経失調症の子供

自律神経失調症の原因はストレスによるところが大きい。
なんて聞いてしまうと、まるで大人だけの病気のように思えますが子供の社会にもストレスはたくさん存在します。
自律神経失調症は子供でもかかる病気です。

症状は大人も子供も似ていますが
子供の場合は寝つきが悪くなったり、学校に行きたがらなくなったり、不安を漏らすこともあります。
その時の大人の対処がとても重要です。
まずきちんと話を聞いてあげること。
そして無理をさせないこと。
自律神経失調症は子供からのサインなのです。

大人になるとつい忘れてしまいがちなことですが学校に塾に、習い事に…こどものスケジュールは大人が考えるより忙しいものですし保育園や幼稚園、学校では常に集団生活をしているわけですからストレスもたくさんかかります。

それに大人が気付かずにいると自律神経失調症は重くなってしまいます。
家庭でもついつい子供を急きたてるようなことをしてしまうと子供は安心して休める環境を失ってしまうのです。

自律神経失調症の改善ですが、まずは子供をゆっくり休ませられる環境作りをしてみましょう。
そして規則正しい生活が送れるようにサポートしてあげること。
自分と子供との基本生活を見直して自律神経失調症の予防から取り組めるのが理想的ですね。
自律神経失調症の検査

自律神経失調症と更年期障害

更年期を迎えた女性は卵巣の機能が衰えるためホルモン分泌が低下、閉経を迎えます。
その際にホルモンバランスが変化するため、精神的にも身体的にも不調になることがあります。

これを一般に「更年期障害」と言うのですが、その症状は自律神経失調症にとても似ており、ホルモンバランスの変化のほかにも、ストレスによる自律神経の乱れから、交感神経ばかりが刺激されて、なかなか休めない状況が続き、様々な不調が現れることがあります。

その際に、更年期障害と診断されれば婦人科で治療を受けることになるのですが自律神経失調症の治療と同じように、副交感神経を正常に働かせることが治療への一歩となります。

そのためには、やはりリラックスタイムをきちんと設けることが大切。
自宅でできること(アロマ、深呼吸、軽いストレッチなど)のほかに、専門家のマッサージを受けて筋肉を意識的に開放することも有効です。

また更年期に対する家族や周囲の理解も必要ですよね。
自分ひとりで何とかしようとせずに、周りに頼れる時は頼って自分を休めることも大切にしなくてはなりません。
無理をして時期が訪れれば終わりを迎える更年期障害が自律神経失調症のように治療に時間のかかる病になってしまうと苦労が長期間つきまとうことになってしまいます。

年齢を重ねて「もしかして…」と思うことがあれば早めに医師の診断を受けて自分も周りの人も理解に努められるのがベストですね。
自律神経失調症の検査

自律神経失調症 | リラクゼーション

理学療法(指圧、鍼灸など)でカラダに現れる症状を緩和することは自律神経失調症には効果的です。
つらい肩こりや首の痛み、腰痛…これらの症状を和らげてくれる作用があります。

またリラックス効果もありますので、精神的に落ち着く効果も!
マッサージ等も有効ですが、そのほかにアロマテラピーや音楽療法も自律神経失調症の治療には有効です。
ストレスから解放されて、リラックスできる時間を満喫することって人間にとって大切なことですよね!

ココロもカラダも解放することで、イライラ感や疲労感、倦怠感が和らぎます。
人間関係などのストレスに悩まされている場合、良い香りや質の高い音楽などのように、人の言葉を使わないものが心身をリラックスさせてくれるようです。

専門家に効果のあるものを相談しながらアナタ好みの香りや音楽をチョイスすることで自分の好きなものに包まれる環境を作りだしてみてはいかがでしょうか。

自律神経失調症にとって、ストレスを和らげることはとても重要なことです。
これを機に、自分なりのストレス発散方法を見つけてみるのもいいかもしれません。
自律神経失調症の診断と面接